楽しくカンタンに立体作品を!

「ZBrushCore超入門講座で見た」と明記していただければ「税込み495,720円」のところを「税込459000円」で販売してくださるそうです。
高価であることは間違いないので、まずはお電話やメールでメーカー様に「扱い方」や「製品」の特性などをご相談の上決めていただければと思います。用途や設置環境などからよく検討して購入するかを判断してください。
私が使用した経験で言うと
●部品を洗浄する若干のスペース  ●レジンを扱う多少の知識
が必要だと思います。

3DプリンターメーカーFLASHFORGEのHunterというプリンターはとても精度の高い3D出力ができる。

ZBrushCoreでほどこしたブラシの微妙なタッチもしっかり出力結果に反映される。かなり複雑な形状もきれいに出力されるのがとってもうれしい!

この『Hunter』という機器は「光造形」という方式の3Dプリンター。「レジン」に紫外線(UV)をあてて硬化させていくことで立体物を作り上げていくもの。

今回はこの『Hunter』を使用した「体験記」を漫画でお届けいたします!
3Dプリンター自体、まだ初心者ですので、温かい目でご覧いただければしあわせであります!

原作・脚本:のぶほっぷ福井 漫画:さかつん

Hunter-01
Hunter-03
Hunter-04
Hunter-05
Hunter-06
Hunter-07
Hunter-08
Hunter-09
Hunter-10
Hunter-11
ファイル 2017-09-08 14 33 32
Hunter-12
Hunter-13
Hunter-14
ファイル 2017-09-08 14 35 31
Hunter-15
Hunter-16
Hunter-17
Hunter-18
Hunter-19
Hunter-20
Hunter-21
Hunter-22
Hunter-23
Hunter-24
Hunter-25
Hunter-26

光造型機はやっぱり凄いなあと感動した。結構小さく出力してるのに細かい部分までしっかり出力される。このクマの歯も凄い!

光造型機はホントにきれいに出力されるなあと感動した。最初の設置と設定も簡単でしたよ。
それにしても3D出力は楽しい。
ZBrushCoreで造形する楽しさ、データが現実に出力される楽しさ・感動、出力したものを加工する楽しみ、身につける楽しみ。
ちょっと良く言いすぎかもだけど、実際に楽しかったです!
下のボタンから詳しい製品情報を是非ご覧ください。

「福井のサイトをみた」と言えば購入時に約消費税分を引いてくれるキャンペーンをやっています。

 

製品購入後、製品の故障、使用上のトラブルなどは当サイトや管理人の福井は責任を負うことができません。はじめて光造型機を扱われる方は、当サイトの漫画を読んでいただき、メーカー様のFLASHFORGE様としっかりご相談ください。使用方法などの質問もFLASHFORGE宛てによろしくお願いいたします。

 

今回のこの漫画を描いてくれた「さかつん」のツイッターも是非フォローしてください!

 

最後に自分の宣伝も!粘土をこねるように絵を描くように立体制作できるZBrushCoreの解説書籍が好評発売中です。楽しく立体出力のためのデータも作れます。こちらも是非!

動画での解説はこのWebサイトのトップへどうぞ!