楽しくカンタンに立体作品を!

ZBrushCore 超入門講座 第9回 組み立ての応用!片側だけ作って、反転コピーしよう

流用&組み立て編

道具箱の活用!片方の手を複製してもう片方を作ろう!サブツールをもっと活用! 

 

作業途中ものを気楽にとっておこう。元をとっておけばバリエーションが増やせます。サブツールを再び解説しつつ、「複製&位置と形の反転」を解説。左腕だけ作って、楽に右腕も作るやり方です。

今回解説する
主な機能:エクスポート、インポート、変形

第9回のメイン動画

途中経過を複製して、道具箱に仮に保管する。保管したものはサブツール上に追加できる。

「複製」ボタンをおすと…
「複製」ボタンをおすと…
道具箱のリストに追加される

作業中に、右上にある「ツール」のすぐ下あたりにある「複製」ボタンを押すと、道具箱(tool)に押したときの状態が複製され保管される。※英語版だと「クローン」なので、そっちのほうがニュアンスがわかりやすいかも。

とっておきたい状態のとき、どんどん複製しておこう。

道具箱(tool)に入ったものは、「サブツール」にある「挿入」を押して、シーンに追加ができる。

あらかじめ作り置きした物体(OBJ保存されているもの)は「インポート」によって道具箱入れられる。それをサブツールに「挿入」によってシーンに追加できる。

手などの左右両方に使うモノは、複製して反転する。

4

「サブツール」に入れこんだ「手」を「サブツールの複製」で増やしておく。複製したどちらかを「変形」の中にある「ミラー」を押すことで、位置も形も反転される。

サブツール内にある物体は、すぐ下の物体と結合することができる。

結合したい二つのうち、サブツールのリストの上の方の物体を選択し、「結合」ボタンを押すと、結合される。